きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » トラック事業所の実情に迫る!ルート配送のお仕事調査 » 女性でも働けますか?

女性でも働けますか?

女性にとって、ルート配送ドライバーの仕事はどうなのか?プライベートとの両立は可能かなど、調査してまとめました。

トラックドライバーとして働く女性の割合は?

ひと昔前に比べると、女性トラックドライバーは増えているように感じますが、現実としては、まだまだ少ないというのが実情です。例えば2013年度に行われた調査によると、トラックドライバー全体のうち、女性の割合はわずか2.4%に留まっています。

その一方で、トラック業界というのは人手不足に悩まされているのが悩みです。男性メインの業界と思われがちですが、実はトラックドライバーに興味がある、働いて見たいという女性は積極的に受け入れたいと願っているのです。そこで、国では「トラガール推進プロジェクト」というものを立ち上げ、女性ドライバーを増やす努力を行なっています。もちろんトラック業界でも、そうした動きを歓迎し、また女性が働き易いような体制づくりに注力しています。

ルート配送ドライバーは、女性に向いていますか?

女性だけでなく男性にも言えることですが、長距離ドライバーと比べて、勤務シフトの時間が短く、残業なども過剰には発生しないというのがメリットです。例えばお子さんがまだ小さいという場合、保育園や学校の時間に合せてシフトを組むといったこともできます。また配送先とのコミュニケーションなどは、むしろ男性ドライバーよりも好評価というケースも多く見られます。

ダンサーとしての夢も負う
女性ルート配送ドライバーの
インタビューを見る

ルート配送ドライバーとして、女性が不利な点は?

やはり男性と比べ体力、とりわけ腕力が低い方が多いため、荷物の積み降ろしができるか不安という方や、興味はあるものの自分には無理と初めから諦めてしまう方も多いようです。しかし、近年ではトラックに電動リフトが装備されていたり、あらかじめ商品が積み込まれたカゴ車を使った配送など、比較的体力の心配がいらない業務も選ぶことができます。コツさえつかめば女性でも十分行える仕事であり、実際にルート配送ドライバーとして働く女性も、徐々に増えてきています。

配送ドライバーの場合、前職は実に様々で、別会社でトラックドライバーをしていたベテランもいれば、まったく違う業種から転職してきた者、あるいは子供の頃からトラックドライバーに憧れていて、思い切って転職してきたという者もいます。育児などの都合があるという場合でも、勤務シフトや休みを柔軟に調整してくれる会社もありますので、初めから諦めず検討してみてください。

女性ルート配送ドライバーたちの
リアルインタビューを見る

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・株式会社キョウエイ

「家族主義」をモットーとしており、ドライバーひとり一人の悩みや希望に対応するという方針を実践。例えば他業種からの転職者には、安全運転指導員によるトラックの同乗指導からはじまり、荷物の積み降ろしかなどの研修をしっかりと行います。
また、「希望休」「希望時間」制度があり、勤務時間のシフト調整に柔軟に対応。例えばお子さんの学校行事がある、育児や介護などの都合があるといった場合にも、可能な限り希望に沿うよう調整。配車担当からドライバーに至るまで、一丸となってフォローを行います。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る