きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと » トラックの種類と仕事の違い

トラックの種類と仕事の違い

こちらでは、一般的なトラックの種類とそれぞれの役割について紹介しています。

トラックの種類というのは、どのように分かれているのでしょうか?

大きく分けると、2トン、4トン、そして6.5トン以上の大型があります。一般的には、これらの数字は、車両総重量ではなく、最大積載量を表す数字となっています。ただし、注意していただきたいのは、運転免許では車両総重量を表しているという違いがあるという点です。

例えば、2007年(平成19年)6月以前に普通自動車免許を取得した方は、「8トン限定中型免許」の資格がありますが、これは車両総重量8トン未満/最大積載量5トン未満のトラックが運転できるということであり、積載量が6.5トン以上のトラックを運転できるという意味ではありません。

2トントラックの特徴や用途についてお聞かせください

積載量2トン未満のトラックの総称として用いられており、軽トラックを除けば、トラックの中では小型な部類となります。メリットとしては何と言っても、車体が小さい分、小回りも効くという点です。特に都市部や市街地などに適しており、コンビ二エンスストアなどへの配送などに多く用いられています。またトラック運転の経験がなくても、普通自動車の運転経験があれば、比較的短時間で慣れることができます。一方、デメリットとしては、当然ながら、積載量が限られ、用途もそれに見合ったものに限られてしまいます。

4トントラックの特徴や用途についてはいかがでしょうか?

4トントラックは積載量が4トン未満のトラックを指します。運送業界では幅広い用途に用いることができ、顧客への配送、拠点間の輸送の双方に対応可能で、まさに使い勝手のよいクラスと言えます。ただし、運転には上記の通り「8トン限定中型免許」または「準中型自動車免許」が必要になります。2007年(平成19年)6月以降に普通自動車免許を取得した方は、そのままでは運転できません。また車幅は普通自動並みですが、前後長が長くなるので内輪差などの感覚を掴むまで慣れが必要です。

大型トラックの特徴や用途についてもお聞かせください

積載量6.5トンを超える大型トラックは、ルート配送に用いられることはほとんどありません。仕事内容は長距離間の輸送がメインで、例えば東京から仙台、大阪から博多といった具合です。免許も大型一種免許が必要となります。また普通自動車免許取得から3年以上の運転経験がないと、受験資格はありません。

あらためて御社の配送ドライバー業務に用いるトラックについて、お聞かせください

弊社のルート配送業務では、2トンから4トンのトラックを、用途に応じて使い分けています。例えば都市部のコンビニエンスストアへのルート配送なら2トン車がメイン。郊外など比較的広範囲を回る業務であれば、4トン車が多くなるという感じです。もちろんドライバーの所有する免許や、本人の希望、勤務時間シフトなどを考慮して配車しています。

ルート配送ドライバーたちの
リアルインタビューを見る

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。2t~5tトラックを主力に、大手コンビニ、ドラックストア、食品スーパーなどに物流サービスを提供。全日本交通安全協会による「優良事業」認定ほか、ドライバー教育の取り組みなどをランク付けする東京都環境局「東京都貨物輸送評価制度」で最高ランクの3つ星を獲得。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る