きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 配送ドライバーへのリアルインタビュー » コロナ禍での就職活動はサポートの充実度が決め手だった(男性)

コロナ禍での就職活動はサポートの充実度が決め手だった(男性)

T.Oさんのプロフィールとインタビュー内容

T.Oさんプロフィール

2021年入社。就職活動がコロナ禍の真中という悪条件で、不安な気持ちも大きかったというT.Oさん。入社の決め手は採用側の手厚いサポートでした。仕分業務・配送業務で活躍中。

コロナ禍での就職活動の不安を払拭してくれた採用活動

社会や人の生活を根幹から支えたい!という想いから物流に興味を持ちNTSロジに入社しました。うちの会社に決めたのは、私たちの生活に関わる物を扱っていることと採用活動時の手厚いサポートがあった点です。

コロナ禍の就職活動で大きな不安、悩みを抱えていましたが、リクルーターの方々のサポートにより解消できました。そこで経営理念の家族主義を感じることができ、共感できたことが大きかった。

仕事ぶりを見てくれる人や伝えてくれる人がいるからやりがいが大きい

仕事のやりがいとして大きいのは、納品先のお客様から感謝やお褒めの言葉を戴いたときで、とても嬉しく感じます。それが嬉しくて更にお客様のために何ができるかを考えます。お客様から「作業が丁寧ですね」と伝えてもらった出来事はとても嬉しかった体験の一つです。

日頃、丁寧な作業を心がけていてそれを見てもらっている。仕事を見てくれている人がいること、それを伝えてくれる人がいることは、仕事のモチベーションアップに繋がっています。

良好な人間関係から学ぶ機会も多い

NTSロジはとても雰囲気のよい職場だと感じています。その中でも人間関係の良好さが大きいです。上司、先輩の方々は明るく笑顔で仕事も丁寧に教えてもらっています。報告書、日報も丁寧に時間をかけて振り返りを行ってくれています。

毎月の勉強会やチームミーティングは自分の考え、意見を話すことに加え、先輩や上司の方の考えをじっくりと聞けるため重要な学びの機会です。これも良好な人間関係が築けているから可能なのだと思います。

お客様のためを考えながら仕事に励む

仕事で気をつけていることといえば事故です。車両での事故もそうですが、商品にも事故は起こり得るため、十分に注意しながら仕事を進めています。また、「お客様のために」を心がけて作業しています。どうしたらよりお客様に喜んでもらえるかを考えながら仕事に励んでいるところです。

インタビューを終えて

T.Oさんは2021年入社の新戦力。コロナ禍の中での就職活動は大変なものがあったようです。その中で、採用担当者からの手厚いサポートがあったことで入社を決定。

現在は事故に気をつけながら顧客第一で仕事に励んでいます。社員がよい仕事をするためには、入社後だけでなく入社前のサポートも重要です。

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。労働環境の改善に取り組み、ドライバーにとって働きやすい会社を目指している運送会社です。「家族主義」をモットーに、ドライバーひとりひとりの悩みや要望と向き合い、シフト調整や指導対応を組織全体で行っているのが特徴です。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る