きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと » トラック運転手の人間関係について

トラック運転手の人間関係について

トラック運転手は人間関係が楽だというイメージを持つ方が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

人間関係の負担は比較的軽い

トラック運転手の人間関係は、一般的な会社員に比べて負担は軽いと言えますが、なぜそう言えるのかを解説していきます。

運転中は基本的に一人

会社側の理屈として、一人で出来ることを二人で行うことは余分に人件費がかかることなので、特別な事情でもない限りありません。そのため、トラック運転手は、運転中は基本的に一人ですので、誰かに気を遣うことはありません。

一方、事務職や技術職などは基本的にずっと誰かがいる環境での仕事になるので、常に周りに気を遣わざるを得ない状況になります。

このことから、トラック運転手は物理的に人間関係に配慮する時間が少ないと言えます。

社内では報告、相談がメイン

トラック運転手が一番人と接触するのは出社時、帰社時の報告と相談です。とは言っても出社時はその日の予定を早くこなさないといけないので慌ただしくなりがちですし、帰社時は報告を受ける上司も早く帰りたいという心情は同じなので、問題がなければさほど時間がかかりましません。

配送先は無事に終われば最低限の挨拶や確認のみ

社内以外での人間関係は配送先になります。こちらは完全に仕事上の付き合いなので、届けた商品に問題がなければ挨拶と手続きで終了しますので、よほど気に入られない限り長時間話し込むこともありません。

人間関係の負担が少ないからこそ心掛けたいポイント

トラック運転手は人間関係に関わる時間が比較的少ないですが、それは裏を返せば人間関係を良くするための時間が少ないということでもあります。
接触機会が少ない中でいかに好意的な評価を得ることができるのかについて心掛けておいた方が良いポイントを3点解説します。

仕事は丁寧に報告・相談

ずっと社内にいる仕事の場合、上司は視界の端で何をしているか把握できるのですが、トラック運転手の場合は上司にほぼ会わないので問題なく仕事ができているかを心配しています。
そのため、帰社時などに報告する際は配送先の状況や道中の運転などで気になったことをこまめに報告することで信頼を得ることができます。接触機会が少ないので、「これぐらいわかってくれているだろう」と安易に考えるのは避けた方が賢明です。

整備担当や事務へのお礼を欠かさずに

これはどの職業においてもそうですが、バックヤードにいる人はないがしろにしてはいけません。バックヤードの方を大切にすると事故やトラブルの危険を事前に察知し、アドバイスをくれたり、防いでくれたりします。
お礼は何も物を上げなくても構いません。「おかげさまで今日も無事仕事ができました。ありがとうございます。」と言葉で言うだけでもかなり違いますので、話す機会があったときにはまめにお礼を言うことをお勧めします。

配送先には笑顔で対応

会社の経営や毎月の給料の原資は配送先のお客様からの支払いで成り立っています。運転中はどのような状態でも問題ありませんが、商品を届けたその時は明るく、笑顔で対応するようにしましょう。良いうわさはゆっくり広がりますが、悪いうわさは素早く広がります。横柄な態度と先方に受け取られないように注意しておきましょう。

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。2t~5tトラックを主力に、大手コンビニ、ドラックストア、食品スーパーなどに物流サービスを提供。全日本交通安全協会による「優良事業」認定ほか、ドライバー教育の取り組みなどをランク付けする東京都環境局「東京都貨物輸送評価制度」で最高ランクの3つ星を獲得。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る