きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » トラック事業所の実情に迫る!ルート配送のお仕事調査

トラック事業所の実情に迫る!ルート配送のお仕事調査

トラック運転手の中でも、ルート配送の実情を調査しました。どんな仕事でもそうですが、これから就く職業の本当のところはどうなのか…気になることが多いはずです。ルート配送の仕事に関する様々な事柄について、企業担当者へのインタビュー方式でご紹介したいと思います。

仕事は大変ですか?

トラックドライバーと言えば、長距離間を運送する大型トラックドライバーの印象が強いかもしれません。一方、中距離間を走るルート配送ドライバーの場合は、基本的に、その事業所が受け持つエリア内の配送先を順番に回っていくという仕事です。運転するトラックは2t~5tとなっており、比較的柔軟にシフトを決められる可能性が高いので、経験や体力的なハードルも、長距離ドライバーに比べて低いと言えるでしょう。

ルート配送はブラック?
詳しく見る

シフトはどうやって決まるのですか?

ひと口にルート配送と言っても、勤務時間は会社によって様々です。大きなポイントとしては、その配送業者が、どんな顧客に対してサービスを行なっているかによって、変わってくるという点です。例えば、営業時間が決まっているスーパーマーケットや量販店などの場合、開店前や営業時間中のどこかのタイミングに合せて配送するというのが一般的。24時間営業のコンビニエンスストアがメインという場合には、深夜などにも配送するということになります。

ルート配送ドライバーに休みはあるの?
詳しく見る

残業はどれくらい?

配送業界では、いわゆる繁忙期の場合には残業をお願いする場合もあります。しかし、基本的には1日8時間の労働を基準としています。また一定以上の残業で、残業代の金額を増やすという制度も予定されています。

ルート配送の労働時間は?
詳しく見る

働いている人たちの評判は?

それこそ会社によって差はありますが、異業種からの転職が多い傾向となっています。それこそトラックドライバーというと、長距離ドライバーのイメージが強く、仕事がきついというブラックなイメージを持っている方がまだまだ多いですが、実際に働いてみると、勤務時間や休みもキチンとしていて、予想外だったとの声が多く聞かれます。

ルート配送の評判は?
詳しく見る

女性でも働けますか?

女性トラックドライバーの割合はわずか2.4%。こうした状況を改善するため、国ではトラガール推進プロジェクトを立ち上げ、女性ドライバーを増やす努力を行なっています。また弊社では、積み降ろし指導も行なっており、コツさえつかめば女性でも行えます。

ルート配送は女性でもできる?
詳しく見る

どの年齢層が多いですか?

どの年齢層が多いですか?
詳しく見る

待遇・福利厚生は?

待遇・福利厚生は?
詳しく見る

稼げる配送ドライバーとは?

稼げる配送ドライバーとは?
詳しく見る

将来性はありますか?

将来性はありますか?
詳しく見る

仕事中に事故にあった時の保険はどうなるの?

配送ドライバーはトラックに乗って荷物を配送する仕事ですが、万が一、仕事中に事故にあってしまった場合、保険はどのようになっているのでしょうか。以下ページでは、配送ドライバーの保険事情についてお伝えしています。

配送ドライバーの保険ってどうなっているの?
詳しく見る

配送ドライバーにはどんなメリット・デメリットがあるの?

配送ドライバーには、他の仕事や同じドライバーの長距離ドライバーとどのような違いがあるのでしょうか。メリット・デメリットから、配送ドライバーの特徴を掴んでみましょう。

配送ドライバーのメリット・デメリットとは?
詳しく見る