きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 配送ドライバーへのリアルインタビュー » 仕分け担当から配送リーダーに成長(35歳・男性)

仕分け担当から配送リーダーに成長(35歳・男性)

当初仕分け担当者として入社し7年間勤務した後、配送ドライバーとなったK.Oさんの体験談話をご紹介。配送ドライバーの仕事内容や「きつさ」「やりがい」などについて、語っていただきました。

K.Oさんのプロフィールと
インタビュー内容

K.Oさんプロフィール

35歳、勤続10年。前職は梱包資材を扱う会社の営業マン。3年で退職後、2年間ほどのアルバイト生活を経てNTSグループ・キョウエイに入社。最初の7年間は仕分け作業を担当していたが、そこから配送ドライバーへ転身。現在は配送リーダーを務める。

母が倒れたことがきっかけで
安定した職に就くことを決意

K.Oさんの画像

前職は梱包資材を扱う会社の営業マンでした。いわゆるブラック企業ではありませんでしたが、人間関係の軋轢などでストレスが溜まり、3年で退職していまいました。それ以後は2年ほど、気ままなアルバイト生活をして過ごしていました。

そんな時に、母親が病気で倒れるということが起きてしまいました。幸い症状は大したことはなかったのですが、これがきっかけとなり、母親を安心させるためにも、自分の将来にためにも、やはり定職についてしっかり働かなければと決断しました。転職活動では他社にも内定をもらっていたのですが、たまたま知人が働いていたという縁もあった、NTSグループに入社することにしました。

入社して最初の7年間は、配送センター内での仕分け作業を担当しました。運転免許は一応持っていましたが、2tトラックを何回か運転したことある程度でした。

未経験から、十分なサポートを
受けて成長できた

未経験から仕分け担当を経て、今や配送リーダーになるまでに至ったのは、やはり会社の体制によるものが大きいと思います。今の会社では、未経験者を配送ドライバーに育て上げる体制やシステムが整っていて、先輩のドライバーさん達も、サポートやアドバイスを本当に親身にしてくれます。

例えば、入社してからは、安全運転指導員による同乗指導があり、トラックの運転も十分に訓練が行われます。技量や経験不足のまま、現場にいきなり放り出されるということがありません。

また2t、3t、4t、5tのトラックを使っていますので、最初は2tから始めて、慣れてきたら3t、その次に4tと順を追ってステップアップしていくことができます。実際、私も2t車から始めました。こうした点も、未経験者が配送ドライバーに転職しやすい点だと思います。

ワークライフバランスが
とれる現状に満足

メインの担当業務は、高級食材を扱っている大手スーパーへの、チルド商品の配送業務です。また、空いたシフトに入るピンチヒッターとして、その他のルート配送を割り振られることもあります。

勤務時間は8時間が基本で、残業がある時でもプラス2時間程度です。それこそ、一般的な会社でも、これより拘束時間が長いところは珍しくないでしょう。だから、配送ドライバーとなってからは「きつい」と感じたことはありません。

また、個人の都合やキャパシティに合せて、仕事量やシフト、休日を柔軟に調整してくれるのもいいですね。給料も仕事内容に見合った額だと感じています。もっと高給を得れる仕事もあるでしょうが、その分仕事内容がハードになったり、拘束時間が長くなります。私は、今の働き方に現状に満足しています。

いち早く店先に並ぶ
新商品を知れるのが密かな楽しみ

配送ドライバーとしてのやりがいは、配送先の担当者さんに感謝してもらえることですね。特に久々に伺ったお届け先の担当者さんが、ちゃんと私のことを覚えていてくれた時などは、やっていて良かったと感じられます。

また、以前は運転自体がそんなに好きではなかった私ですが、今では運転することが楽しいと感じられるようになりました。とりわけ、これまで走ったことのないルートを走る時などは、わくわした気分を楽しめる位です。

もうひとつ、意外かもしれませんが、世の中に出ているチルド商品について詳しくなるという点が役得だと思っています。特に新製品が発売される時などは、いち早く知ることが出来て、すぐに買って食べてみるというのを、ひそかな楽しみとしています(笑)。

今後は、商品の扱いなど品質管理について、もっと知識や経験を増やしていきたいです。それこそ、いくらあっても困ることはありません。また安全運転に関してもスキルをさらに磨いていきたいと思います。ゆくゆくは、実行管理者の資格を所得して、配車担当にステップアップすることを当面の目標としています。

インタビューを終えて

母親が倒れたことをきっかけに、再び正社員になって安定した職に就くことを決意したK.Oさん。縁があって運送業界に入り、7年間の仕分け担当を経て、配送リーダーになるまでに成長しました。未経験からドライバーとしての経験を着実に積めたのは、安全運転指導員による同乗指導など、会社の万全なサポート体制があったからこそと語ります。キャパシティに合わせて経験を詰める体制や環境があることが、配送ドライバーとして長く働き続けられる理由のひとつと言えるでしょう。

働く先輩たちを
公式サイトでもっと見る

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。2t~5tトラックを主力に、大手コンビニ、ドラックストア、食品スーパーなどに物流サービスを提供。全日本交通安全協会による「優良事業」認定ほか、ドライバー教育の取り組みなどをランク付けする東京都環境局「東京都貨物輸送評価制度」で最高ランクの3つ星を獲得。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る