きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと

【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと

このカテゴリーではトラック運転手を目指す方向けに、知っておくべき知識を解説しています。

トラック業界に限らず、別の業種や業界から転職するという場合、様々な疑問や心配事があることでしょう。ルート配送を行うトラックドライバーの場合はどうなのか、ぜひ参考にしてください。

必要な資格・免許やスキル

普通自動車免許を2007年6月以前なら「8トン限定中型免許」の資格があり4トン車が運転可能。2007年6月以降から2017年3月までなら2トン車が運転できます。2017年3月以降の方は、「準中型自動車免許」の取得を目指していただくのが賢明です。

トラックドライバーとして
必要な免許やスキル

就職・転職事情

運送業界は人手不足で常に求人数は多く、他の業種に比べ、転職・就職がしやすいという状態が続いています。またトラック業界全体で若手社員の育成費用として助成金が受けられるようにしていたり、女性トラックドライバーを増やす「トラガール促進プロジェクト」なども実施されています。

トラック運転手になるには?
転職事情

給与形態

トラックドライバーの平均年収はおよそ350~486万円。傾向として、長距離かつ大型トラックの方が年収は高くなる反面、内容はきつくなる傾向があります。一方、ルート配送の場合、給与は平均的ですが、その分、拘束時間が限られる、休みはちゃんと取れるといったメリットがあります。

トラック運転手の
年収や給与形態

トラックの種類と仕事の違い

大きく分けると、2トン、4トン、そして6.5トン以上の大型があります。2トントラックは街中などでも小回りが効くため、都市部などでの配送に適しています。4トントラックは2トン程ではないにしてもそれなりに小回りが効き、積載量も多いため、幅広く使われます。一方、大型は長距離輸送をメインしており、ルート配送にはあまり用いられません。

トラックの種類と
仕事の種類について

求人を選ぶ際の注意点

まずはお持ちの免許で運転できるのはどの大きさのトラックなのかを確認してください。求人内容と合致しているかを確かめるのが肝心です。特にトラックのトン数は最大積載量なのか、車両総重量なのかを間違え易いので要注意。また給与や勤務時間、仕事内容、そして通勤にかかる時間とその手段もしっかり確認すべきです。なおルート配送の場合、4トントラックが運転できることが望ましいですが、お持ちでない場合は、各種免許取得費用の助成制度がある会社もあります。

トラック運転手の
求人事情を調査

ルート配送のお仕事に関するQ&A

ルート配送のお仕事始めるにあたり、質問の多い項目のQ&Aにしてまとめてみました。「収入面に関するQ&A」や「働き方に関するQ&A」、「やりがいに関するQ&A」など項目ごとに分けて記載しています。給料や休日など一般的なことから、面接時に着ていく服装に関することまで、細かな内容までまとめているので、ルート配送のお仕事を始めたいと思っている方は確認しておきましょう。

ルート配送の
Q&Aを確認

トイレ事情

トラック運転手にとって、深刻な問題であるトイレ事情。車両が大きいので、どこでも駐車できるという訳にもいきません。しかし、ポイントを押さえていればそれほど困る、というものでもないようです。

トラック運転手の
トイレ事情を調査

安全運転に必要な技術

配送ドライバーの重要な仕事は安全運転を心がけることです。事故を起こせば自分だけではなく、会社に迷惑が掛かることや被害者を出してしまうこともあります。日頃からどのようなことをチェックしておけばよいのでしょうか。

トラック運転手の
安全運転に必要な技術を調査

人間関係について

トラック運転手は人間関係が楽だというイメージを持つ方が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか。

トラック運転手の
人間関係について調査

日常点検について

トラック運転手になると、会社によって差はあるものの、運転手の責任で日常点検を行うこととなります。なぜ自分で点検を行う必要があるのか、どういって点に注意して点検するべきなのかということについて解説しています。

トラック運転手の
日常点検について調査

休憩時間や休日について

トラック運転手は休日が少ない、労働時間が長いというイメージを持たれることが多い職業です。実際のところはどうなのか、後悔のない就職・転職をするためには知っておきたいところです。

次の記事では、労働局が定める拘束時間と運転時間、休憩時間についての基本、特例がある場合の拘束時間、休憩・休息時間について、荷待ち時間と乗船時間は休息時間に含まれるのか、ドライバーの休日取得事情などを項目ごとに詳しく解説しています。

トラック運転手の
休日や休憩時間について

必需品について

トラック運転手の長時間運転を快適に過ごすためにあるとうれしいアイテムをまとめました。車のオプションから、多くの運転手が車内に用意している必需品までひとつひとつ紹介しています。

トラック運転手の
必需品について調査

退職金について

転職してくる、就職するときに気になる退職金。トラック運転手へ支払われる退職金はいくらくらいなのでしょうか?

そもそも退職金はあるのか、どの程度の割合の運転手が退職金をもらっているのかなどを紹介しています。

トラック運転手の
退職金について調査

あおり運転について

トラック運転手は意外にも「あおり運転の被害に遭っている」のを知っていましたか?70%以上のトラックドライバーが被害に遭ったという調査結果があります。

あおり運転の実情と加害者の心理、刑罰や道路交通法について、あおり運転の被害に遭わないための方法、あおり運転をされた場合の対処法を紹介しています。就職や転職を考えた段階からできる予防方法もあります。心がけを変えるだけで被害に遭う可能性を減らせるかもしれません。

あおり運転の
危険性と対策ついて

腰痛は労災認定される?

トラック運転手は長時間の運転で座席に座りっぱなしという状況も珍しくありません。同じ姿勢を保っていると起こるのが腰の痛みです。業務によっておこる腰痛は労災に認定されるのでしょうか?

労災保険の対象となるのには、就業して3か月以上経過している条件を満たしている必要があります。次のページでは労災保険の基準、休業補償や傷病補償を受け取る基準、労災の分類や腰痛を予防する方法を紹介しています。

トラック運転手の
腰痛について

免許停止について

トラックドライバーはトラックを運転するからこそ稼げる仕事です。交通違反により減点が重なることで免許停止になった場合、どうなってしまうのでしょうか。免停の基準と免許停止になった場合の仕事について解説しています。

トラック運転手の
免許停止について

ドライブレコーダーについて

あおられた経験のある人が7割程度いるとされるトラック運転手。事故やトラブル時に役立つドライブレコーダーはぜひ取り付けておきたいもの。ドラレコの種類と役割、選び方について解説しています。また、ドライブレコーダーを取り付ける際に受けられる助成金の条件も紹介しているので、参考にしてください。

トラック運転手と
ドライブレコーダーについて

飲酒運転について

トラックドライバーであるなら勤務前にアルコール検知器によるチェックが義務付けられています。自分ではアルコールが抜けていると思っていても、体内に残っていることがあるからです。トラック運転手であるなら飲酒運転を徹底して避ける必要があります。トラック運転手だけでなく、事業者が行う確認も必要です。ではトラック運転手だけでなく飲酒運転にはどのような罰則があるでしょうか?また酒酔い運転酒気帯び運転を避けるために注意すべき点をご紹介します。

トラック運転手と
飲酒運転について