きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと

【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと

このカテゴリーではトラック運転手を目指す方向けに、知っておくべき知識を解説しています。

トラック業界に限らず、別の業種や業界から転職するという場合、様々な疑問や心配事があることでしょう。ルート配送を行うトラックドライバーの場合はどうなのか、ぜひ参考にしてください。

必要な資格・免許やスキル

普通自動車免許を2007年6月以前なら「8トン限定中型免許」の資格があり4トン車が運転可能。2007年6月以降から2017年3月までなら2トン車が運転できます。2017年3月以降の方は、「準中型自動車免許」の取得を目指していただくのが賢明です。

トラックドライバーとして
必要な免許やスキル

就職・転職事情

運送業界は人手不足で常に求人数は多く、他の業種に比べ、転職・就職がしやすいという状態が続いています。またトラック業界全体で若手社員の育成費用として助成金が受けられるようにしていたり、女性トラックドライバーを増やす「トラガール促進プロジェクト」なども実施されています。

トラック運転手になるには?
転職事情

給与形態

トラックドライバーの平均年収はおよそ350~486万円。傾向として、長距離かつ大型トラックの方が年収は高くなる反面、内容はきつくなる傾向があります。一方、ルート配送の場合、給与は平均的ですが、その分、拘束時間が限られる、休みはちゃんと取れるといったメリットがあります。

トラック運転手の
年収や給与形態

トラックの種類と仕事の違い

大きく分けると、2トン、4トン、そして6.5トン以上の大型があります。2トントラックは街中などでも小回りが効くため、都市部などでの配送に適しています。4トントラックは2トン程ではないにしてもそれなりに小回りが効き、積載量も多いため、幅広く使われます。一方、大型は長距離輸送をメインしており、ルート配送にはあまり用いられません。

トラックの種類と
仕事の種類について

求人を選ぶ際の注意点

まずはお持ちの免許で運転できるのはどの大きさのトラックなのかを確認してください。求人内容と合致しているかを確かめるのが肝心です。特にトラックのトン数は最大積載量なのか、車両総重量なのかを間違え易いので要注意。また給与や勤務時間、仕事内容、そして通勤にかかる時間とその手段もしっかり確認すべきです。なおルート配送の場合、4トントラックが運転できることが望ましいですが、お持ちでない場合は、各種免許取得費用の助成制度がある会社もあります。

トラック運転手の
求人事情を調査

ルート配送のお仕事に関するQ&A

ルート配送のお仕事始めるにあたり、質問の多い項目のQ&Aにしてまとめてみました。「収入面に関するQ&A」や「働き方に関するQ&A」、「やりがいに関するQ&A」など項目ごとに分けて記載しています。給料や休日など一般的なことから、面接時に着ていく服装に関することまで、細かな内容までまとめているので、ルート配送のお仕事を始めたいと思っている方は確認しておきましょう。

ルート配送の
Q&Aを確認