きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと » トイレ事情

トイレ事情

トラック運転手にとって、深刻な問題であるトイレ事情。

乗用車と違いどこでも駐車できるという訳にもいきませんので、どうすればよいのか…。しかし、しっかりとポイントを押さえていればそこまで深刻な問題でもありません。そこでここでは、トラック運転手のトイレ事情について解説したいと思います。

ネックとなる駐車スペース

冒頭にもありますが、トラックは乗用車と違い駐車スペースを確保することが難しいと言えます。

また、乗用車の場合だとコンビニ等で対応できるのですが、特に都内だと、トラックを駐車するスペースがなかなかありませんので、事前に駐車できる場所を把握しておくことが必要となります。

ちなみに、都内でも例えば大型物流施設等は駐車できますし、駐車場の側にはトイレが設置されていることもあります。荷物がないのに入場して大丈夫?と思うかもしれませんが、管理者がいれば事情を話して、利用させてもらうというのも一つの方法です。

水分補給する上でのトイレ問題

水分補給は大切です。特に車内は乾燥していますので、適度な補給が必要となります。

ただ途中で催してしまうことも事実。しっかりとトイレ休憩したのに、渋滞に巻き込まれるなどで時間が掛かりトイレに行くのが難しい事もあります。

そこで、水分補給をする上で利尿作用のあるもの低いものについて知っておけば少しは対策できるかもしれません。

利尿作用のある飲み物>

カフェイン

コーヒーやお茶といったカフェイン入りの飲料。眠気と戦うドライバーの方々の必需品といえるものですが、これらは血液量を増加させますので、それに伴って尿の量も増えていきます。

また、エナジードリンクも同様にカフェインが多く含まれていますので、注意が必要です。

カリウム

健康的なイメージのある牛乳や豆乳、トマトジュースも利尿作用のある飲み物です。

それらに含まれているカリウムが新陳代謝を促すためです。

利尿作用が低い飲み物>

上記以外の飲み物が、利尿作用が低い飲み物だと言えます。

例えば、水や麦茶などがそれにあたります。また、冬場は寒さによって尿意を感じやすいですから、身体を温める白湯、ノンカフェイン飲料などがおすすめです。

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。2t~5tトラックを主力に、大手コンビニ、ドラックストア、食品スーパーなどに物流サービスを提供。全日本交通安全協会による「優良事業」認定ほか、ドライバー教育の取り組みなどをランク付けする東京都環境局「東京都貨物輸送評価制度」で最高ランクの3つ星を獲得。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る