きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと » トラック運転手の退職金について

トラック運転手の退職金について

こちらでは、一般的なトラック運転手の退職金を紹介しています。

トラック運転手に退職金はでるのでしょうか?

答えは「出るが高額ではない」です。良い意味でも悪い意味でも古い慣習が残るトラック業界。退職金制度は残っている会社が多いため、たいていの場合は退職後にお金をもらえるようになっています。

数字にして、運輸業界の退職金給付実態は78.1%。7割以上はもらえると考えて良いでしょう。

しかし、トラックドライバーは「転職」という形ではじめる人が多い職業です。途中で退職をするとなれば、勤務期間は短くなるため、得られる退職金は満足できるものではないかもしれません。

参照:退職給付(一時金・年金)の支給実態(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/08/3d.html)

退職金に平均額や目安額はあるのでしょうか?

厚生労働省の発表によると、退職金(退職給付)の支給状況や会社の規模や働いている人の学歴によって変わることが多いようです。

また、会社都合の退職(クビ)なのか、自己都合の退職なのか、はたまた定年退職なのかによっても金額は変わります。

【20年以上勤務している45歳以上の退職者の定年退職金】

【20年以上勤務している45歳以上の退職者の会社都合退職金】

【20年以上勤務している45歳以上の退職者の自己都合退職金】

平均額なので、上記の金額の倍近くもらえる会社もあれば、すずめの涙ほどの会社もあります。

また、勤続年数が短ければその分減っていきます。

20年以上勤めている人は、トラックなどの運輸業界には少なく、全体で36.8%という値が発表されています。

参照:退職給付(一時金・年金)の支給実態(https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/08/3d.html)

トラックドライバーの給与はそもそも多いのでしょうか?

トラック運転手の給料のほとんどは、固定給に加えて仕事量に応じて追加金額が出る歩合でもらえるケースが多いです。

平均年収は350~486万円といわれているため、月収にすると30万程度です。

月収で見ても低いわけではなく、走行距離が長ければその分給料は増えるため、稼ぎたいと考える人が就職を希望することが増えている業界でもあります。

しかし、いくら働いた分だけ収入が上がるといっても身体が資本の仕事。無理をしないように働くことが大切です。

トラックドライバーの給料については、以下の記事で紹介しています。

トラックドライバーの給与形態

トラック運転手の退職金給付率は7割以上!

運輸業の退職金の給付率は78.1%です。7割以下の数値が出ている医療業界や飲食業界よりももらえる可能性が高いのです。

平均額は317~533万円ですが、こちらは20年以上勤務している場合の金額です。転職してきてあまり年数が経過していない、自主退職の場合などは金額が下がっていくため、会社に確認するのが大切です。

トラック運転手のリアルな実態を知りたいという方は、次のインタビューも参考にしてみましょう。

イキイキとトラック運転手をしている人が務める会社の雰囲気、どのようなマインドで働いているかを知ることができますよ。

ルート配送ドライバーたちの
リアルインタビューを見る

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。労働環境の改善に取り組み、ドライバーにとって働きやすい会社を目指している運送会社です。「家族主義」をモットーに、ドライバーひとりひとりの悩みや要望と向き合い、シフト調整や指導対応を組織全体で行っているのが特徴です。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る