きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » トラック事業所の実情に迫る!ルート配送のお仕事調査 » 配送ドライバーは未経験でもなれる?

配送ドライバーは未経験でもなれる?

現在はネット通販などを利用する人たちが劇的に増えています。自宅にいながらにしてものを買えるというのは、外出の手間が省けて非常に便利ですよね。そうした世の中の流れに合わせ、昨今では配送ドライバーの需要が非常に高くなってきています。

このページでは配送ドライバーという仕事に興味がある方に向けて、仕事内容をはじめ、未経験でも対応できるのかなどを解説。配送ドライバーに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

配送ドライバーは未経験でもなれる?

配送ドライバーに限らず、なってみたい職業が見つかった時に気になることのひとつが、「未経験でも採用してくれるのか?」だと思います。配送ドライバーはどうなのでしょうか?

配送ドライバーは未経験の方でもなれる職業です。

なってみたいと思っている方は、未経験であることをマイナス面だと捉え過ぎないように、ぜひチャレンジしてみましょう。

配送ドライバーが向いている人は?

配送ドライバーは荷物を確実かつ安全に届けるということで、時間をしっかりと守り、丁寧に運転できるという人が向いていると言えます。運転が好きなのはプラス要素ですが、早く届ける以上に荷物をきちんと扱うことが大切なので、ガサツだなと感じている方はそのあたりの意識するようにしましょう。

また、運転だけでなく、荷物をちゃんと積み込むことも必要なスキルだと言えます。以前であれば地図に強い人、地元の地理に強い人が有利ということが挙げられましたが、現在はカーナビが発達しているので、道に不慣れな方でもカーナビを利用することで問題は解決できるでしょう。もちろん、道に詳しければそれに越したことはありません。

また、基本的には運転をしている時間が大半なので一人でも仕事はできるのですが、お届け先や荷受け先などで人と接する機会はあるため、最低限のコミュニケーション能力は求められるでしょう。

働く上で性別は関係ある?

配送ドライバーは力仕事が多そうで、男性がメインの仕事と思っている方も多いかもしれません。しかし、現在はタクシーやバスの運転手に女性が増えているように、配送ドライバーとして活躍する女性が増えているという面もあります。

配送ドライバーは比較的時間の融通が利き、夜もそれほど遅くならない傾向があるので、家事などとの両立がしやすいという側面があるからです。荷物に関しても、それほど重くないものを扱うのであれば女性でも無理なく運べるでしょう。食材や衣料品など、運びやすいものを運ぶ会社を選べれば、働く上での不安は取り除けそうです。

そもそも、配送ドライバーってどんな仕事?

配送ドライバーは、指定された場所に荷物を届けるドライバーのことです。通常の宅配業者のようにその都度別の場所に荷物を届ける仕事の他、毎回決まった場所に荷物を運ぶ「ルート配送ドライバー」という仕事もあります。契約している個人宅や施設などに食材を届けるといったニーズも増えてきていますが、こちらはルート配送ドライバーの仕事ということになります。

どちらの仕事も、基本的には限定されたエリアでの仕事となり、トラックドライバーのように地方を跨いだ長距離ドライブをすることは少ないでしょう。そのため、ワゴンタイプの軽自動車など、一般的に販売されているような車でも仕事を勤められることも可能。大型免許などは不要で、始めるだけであれば比較的敷居は低いと言えそうです。

配送ドライバーの仕事の流れ

配送ドライバーの仕事の流れとしては、契約している業者の集荷所で引き取り、それを注文通りに運ぶという形式です。個別配送であれば配送場所はまちまちになりますが、ルート配送ドライバーの場合、基本的に届ける場所は同じなので、ある程度仕事をルーティーン化できるでしょう。

配送ドライバーとして働く際、最初に行うのがアルコールチェックです。あたり前ですが、アルコールが残っていれば車の運転はできません。そのため、配送ドライバーの仕事をしているのであれば、仕事前夜の深酒は慎んだ方がいいでしょう。

その後、荷物の積み込みを行い、配送先の確認をして出発。ルート配送の場合は毎回同じ時間・場所というのが一般的ですが、取引先の都合などによって配送時間が変更になるケースも考えられるので、事前にきちんと日時と場所を把握しておくようにしましょう。また、出発前に積み忘れがないかを確認する癖をつけておくと、トラブル防止になります。

出発したら、時間を守って荷物を届けていきます。その際、休憩や食事などはスケジュールと照らしあわせながら自分の都合でとっていきます。この辺りの自由度は、サラリーマンなどとは違う点だと言えますね。

業務が終わった後は集荷所に戻ります。そこでアルコールチェックが行われることもありますが、これは「仕事中にお酒を飲む」という問題行動をチェックするためです。運転の仕事をしている以上、飲酒はもってのほかではあるのですが、きちんと襟を正して仕事をするようにしてください。

最後に、その日の仕事について担当者に報告し、その日の業務は終了となります。何か気がついたことやトラブルがあったときは、隠さずに報告するようにしましょう。

配送ドライバーの収入は?

仕事を選ぶ際、やはり気になるのは収入です。労働対価に見合った対価を得られなければ、たとえ楽しい仕事だとしても長続きはしないでしょう。

配送ドライバーの収入は、一概にこのくらいとはいえません。特に個人で請け負っているような場合、仕事量に応じて収入は激変するからです。ただ、仕事自体は現在の社会情勢を考えみれば、ある程度安定してあるとは言えそうです。そして問題を起こさなければ、自分が希望すれば長く働けそうです。

なお、ルート配送ドライバーを例にあげると、正社員で年収350〜400万円、アルバイトだと時給1000円前後、派遣契約だと時給1200円前後というのが一般的なようです。

もちろんこれは一例であり、地域によって差があったり、働く会社によっては賞与や手当、歩合を手厚くしている会社もあるので、働く会社はしっかりと選んだ方がよさそう。また、中型免許や大型免許を持っていると収入アップにつながることもあるそうです。

配送の仕事をスムーズに進めるコツ

配送の仕事をスムーズに進めるのは、顧客や取引先からの評価が高まるだけでなく、自身の拘束時間や労力を削減のメリットもあります。そのために、事前の段取りが効果的です。

たとえば、ルート配送ドライバーであれば事前にまわる場所をチェックしておき、効率の良いまわり方やルートを明確にしておくといいでしょう。もし可能であれば、事前に一度周辺地域を実際に走り、土地や道の様子などをチェックしておくのがいいですね。ナビを頼った結果、道が細くて進みにくいことはよくある話なので、そうしたロスを防ぐ意味でも重要です。道を覚えるのであれば、曲がるところの目印を覚えておくのがいいでしょう。それも、実際に走ることで見えてくるものです。

最後に

配送ドライバーは今後、さらなる発展が見込めるジャンルであり、ニーズも高まっていきそうです。ただ、市場が大きくなればそれだけ多くの人が介在することとなり、質の低い仕事をしている人は淘汰されることもあるでしょう。

配送ドライバーとして働くことを決めたのであれば、しっかりと覚悟を持って、取引先、顧客の両方に対して誠意ある仕事を徹底していくことが重要。そのために、ここで書かれていることを参考にし、働く上で役立てていただければ幸いです。

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・株式会社キョウエイ

「家族主義」をモットーとしており、ドライバーひとり一人の悩みや希望に対応するという方針を実践。例えば他業種からの転職者には、安全運転指導員によるトラックの同乗指導からはじまり、荷物の積み降ろしかなどの研修をしっかりと行います。
また、「希望休」「希望時間」制度があり、勤務時間のシフト調整に柔軟に対応。例えばお子さんの学校行事がある、育児や介護などの都合があるといった場合にも、可能な限り希望に沿うよう調整。配車担当からドライバーに至るまで、一丸となってフォローを行います。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る