きつい?きつくない? 配送ドライバー業界密着レポート » 【未経験者向け】トラック運転手になる前に知っておきたいこと » 必要な資格・免許やスキル

必要な資格・免許やスキル

一般的にトラック運転手として必要とされる資格や免許・スキルや、適正について調査してまとめました。

トラックドライバーに必要な免許の種類

トラックドライバーと聞いて、高速道路などで見かける10トンクラスの大型トラックを思い浮かべる方も多いと思います。そうした車両の運転には大型一種免許が必要です。ただし、街中などでよく見かける2トン~4トンクラスのトラックは普通一種免許、または中型一種免許で運転可能です。配送ドライバーは、主にこれらのクラスのトラックを扱うことになるので、大型一種免許が必須というわけではありません。

普通一種免許と中型一種免許の違い

普通自動車免許を取得した時期によって、運転できるトラックの大きさが変わってきます。まず2007年(平成19年)6月以前に普通自動車免許を取得した方は、「8トン限定中型免許」の資格があります。これは車両総重量8トン未満/最大積載量5トン未満のトラックが運転できるということになり、いわゆる4トンクラスが運転できます。

2007年(平成19年)6月以降から2017年(平成29年)3月までに普通免許を取得した方の場合は、車両総重量5トン未満/最大積載量3トン未満のトラックの運転が可能です。いわゆる2トンクラスはこの免許で運転できます

2017年(平成29年)3月以降に普通自動車免許を取得した方の場合、車両総重量3.5トン未満/最大積載量2トン未満のトラックしか運転できません。その場合、配送ドライバーとして担当できる業務が限られてしまいますので、2017年(平成29年)3月以降に新設された「準中型自動車免許」の取得を目指すとよいでしょう。車両総重量7.5トン/最大積載量 4.5トンが運転でき、4トンクラスも運転できます。

配送ドライバーとして必要なスキル・経験や適性とは

普段から運転経験があるほか、運送や配送業務に携わった経験があればなおよいでしょう。また配送ドライバーは、セールスドライバーでもあるので、接客業や営業経験も活きます。しかし、それらの経験がないと配送ドライバーとして業務ができないというわけではありません。基本的には、普通にコミュニケーションが取れて、責任感のある方であれば問題ないと考えています。

会社によっては、指導員によるドライバー研修やベテランドライバーの同行、荷物の積み降ろしの研修など、未経験者に対して手厚いフォロー体制があります。免許に関しても「資格取得支援制度」を設けて、取得費用の半額をサポートする制度がある会社もありますので、ぜひチェックしてみてください。

取材協力

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像

NTSグループ・
株式会社キョウエイ

東京23区を取り囲むように配置した物流拠点(相模・府中・東久留米・所沢・戸田・浦安・船橋)による、独自の物流ネットワーク「東京包囲網」を有するNTSグループの一員。2t~5tトラックを主力に、大手コンビニ、ドラックストア、食品スーパーなどに物流サービスを提供。全日本交通安全協会による「優良事業」認定ほか、ドライバー教育の取り組みなどをランク付けする東京都環境局「東京都貨物輸送評価制度」で最高ランクの3つ星を獲得。

NTSグループの公式サイトキャプチャ画像
引用元HP:https://www.nts-group.co.jp/
公式サイトで詳しく見る